Topics
注文住宅の地盤調査ガイド

注文住宅の地盤は、慎重に調べます。

注文住宅の地盤調査は、慎重に調べます。最近は地盤沈下が多くなっていますので、心配されるところは、特に慎重にします。地盤の強度は、建てる建物によって違います。一番軽い建物は、ツーバイフォーです。木造よりも軽いです。一番重い建物は、鉄筋コンクリートです。木造の何倍もの重量が有ります。その建物を十分に支える強度が、地盤に求められます。強度が不足しているところは、地盤補強します。色々な地盤補強の方法があります。一番一般的なのが、コンクリートパイルを打つことです。重量のかかるところに、何本も打ち込みます。そうすると規定の強度が出てきます。軟弱な地盤で地耐庄がないところも有ります。その時は、土を入れ替えたり土自体に硬化剤を入れたり、色々なことをして、強度を出します。
そうすることによって、安全な地盤になります。昔は、地盤調査しないで、建てているところが多いので、傾いている家が多いです。最近の注文住宅では、必ずやります。そのほうが、安心して住むことが出来ます。地震が多くなっていますので、どの人も、地盤にはお金をかけます。建築費とは、別なお金ですので、出費が多くなることが有ります。その時は建築費を削って地盤に回します。地盤は、調査してみないと分かりません。隣でも地盤は、全然違います。日本は、地盤が弱いところが多いので、予想以上にかかることが多いです。特に埋立地では、かなりの地盤補強が必要です。地盤沈下が一度起きたら、直すのにかなりの金額が掛かります。それを考えたら、初めからしっかりとすることが、大切です。
地盤が出来上がると、今度は、建築の始まりです。建築は、今までは、布基礎が多かったですが、今はどこでも、ベタ基礎が主流です。そのほうが地震には、効果が有ります。どの人も地震対策を最重要としています。建築費は、今まで以上に色々とかかるようになっています。建築基準法も年々厳しくなっていますので、建築費は、かなり上がっています。それでも、我慢して建てています。住宅ローンの金利がやすいので、建てやすくなっています。少し位金額が、上がっても支払いは、余り変わりません。

注目情報

Copyright (C)2014注文住宅の地盤調査ガイド.All rights reserved.